【41】東北との繋がり~未来志向で高校生と一緒に考えよう!

横浜隼人中学・高等学校 国際語科・インターアクト

希望が丘商店会フェスティバルで。いわきの高校生とともに。

◆日時:2月16日(日)13:10~15:00

◆会場:4Fやまゆり

◆サマリー:東日本大震災以来、本校は瀬谷区社会福祉協議会と一緒に釜石でボランティア、交流を重ねてきており、そこで見聞してきたことを学校内外で発表してきました。特に本校近くの商店街のお祭りでは被災地の現状の紹介と物品販売を当地の高校生と一緒に行ってきました。このフォーラムでは、こうした取り組みの紹介と、参加いただく方と一緒に「被災を越えた人との繋がり」について考えていきたいと思っています。

◆開催団体:横浜隼人高等学校国際語科・インターアクト

◆活動紹介:本校国際語科は「英語運用能力」だけでなく「世界に向けた広い視野」を養うさまざまな教育活動を行っています。春には「あーすフェスタかながわ」に100人以上の生徒がボランティアとして参加し、夏には神奈川の異文化を訪ねるフィールドワーク、釜石へのボランティアバス参加など、生徒たちは精力的に視野を広げるために動き回っています。またボランティア活動に関心の高い生徒が多く、県下色々な場所でお世話になっています。

◆SDGsへのコミット:目標4

【←前の講座】 【2月16日プログラム】 【次の講座→】