【39】アフリカ☓アジアの時代とアフリカ開発会議~市民の立ち位置を問い直す~

市民ネットワーク for TICAD

2019年8月に開催したアフリカ開発会議プレイベントにて

◆日時:2月16日(日)13:10~15:00

◆会場:4Fかもめ

◆サマリー:昨夏、ここ横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)は、過去最大級の参加者数で幕を閉じました。一方、アフリカの人々から見れば、日本は世界の数多くのパートナーのうちの1つでしかありません。このシンポジウムでは、日本に在住するアフリカ出身の研究者をお招きし、視点をアジアに広げてアフリカとの関係を展望しつつ、今後の市民社会の役割について考えます。

◆開催団体:市民ネットワーク for TICAD

◆活動紹介:TICADVIおよびTICAD7に向けて、日本とアフリカの市民の声を届けようという趣旨で2014年3月に設立された市民社会ネットワークです。アフリカ市民社会の声を効果的に日本と国際社会に持ち込むことを目的に活動するアフリカの市民社会の組織「アフリカ市民協議会(Civic Commission for Africa=CCfA)」ともパートナーシップを築き、TICADに向けて活動しています。

◆SDGsへのコミット:目標10, 目標16, 目標17

  

【←前の講座】 【2月16日プログラム】 【次の講座→】