【35】ハイチの教育現場から

特定非営利活動法人 ハイチの会セスラ

親たちにも子どもたちにも、とても喜ばれた給食支援

◆日時:2月16日(日)12:00~12:50

◆会場:4Fセミナールーム4

◆サマリー:当会の16年間のハイチ支援の概要と支援先のセスラ校をご紹介します。
10年前の大地震をきっかけに農村に誕生したセスラ校。50人1クラスからのスタートでしたが、10年たった今幼稚園と小学部11クラス300人の学校になっています。私たちの支援で1,3ヘクタールの学校用地を取得しましたが、学校にとって一番大切な教室は、まだ掘っ立て小屋のまま。学校建設が、今後の課題です。また昨年ハイチは大変な政情不安のため、学校も人々の生活も大変でした。そのレポートを加えます。

◆開催団体:特定非営利活動法人 ハイチの会セスラ

◆活動紹介:貧しいために学校へ行かれない子どもたちをなくしたいと、授業料を払えない子どもたちも受け入れているセスラ校。この学校が存続するようにと始まった支援活動です。16年経った今、セスラ校は地域の子どもを持つ親たちに絶大な信頼を得る学校になりました。
教師と親たちが、子どもたちのために協力するのを重視し、現地の人々の自発性を促すような支援を考えていきます。
国内では、各レベルの学校でハイチの紹介をしたり、絵画展を開催したりしています。

◆SDGsへのコミット:目標1, 目標2, 目標4, 目標10

   

【←前の講座】 【2月16日プログラム】 【次の講座→】