【10】世界の食料・農業の現状とFAOの活動紹介

国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所

持続的生計システムのために、ケニアのマウ複合林・苗木の育苗圃におけるアグロ・エコシステム分析の現場トレーニング

◆日時:2月15日(土)12:00~12:50

◆会場:4Fセミナールーム5

◆サマリー:国連の食料農業に関する専門機関であるFAOの目的・活動紹介及び世界の食料・農業の現状について説明する。

◆開催団体:国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所

◆活動紹介:国際連合食糧農業機関(FAO)は世界の農林水産業の発展と農村開発に取組む国連専門機関である。食料増産と栄養向上を支援し、栄養状態と生活水準を改善することにより、全ての人が健康な生活を送ることを目指す。

◆SDGsへのコミット:目標1,目標2, 目標5, 目標6, 目標12, 目標14, 目標15

      

【←前の講座】 【2月15日プログラム】 【次の講座→】