【25】「あなたの隣の外国人、実は“現代奴隷”かも?」

ノット・フォー・セール・ジャパン (NFSJ)

◆日時:2月2日(土)15:20~17:10

◆会場:4Fセミナールーム6

◆サマリー:「現代の奴隷制」とも呼ばれる人身取引は、日本でも起きています。特に技能実習生として来日する外国人の中には、借金を背負い過酷な条件下で働かされている人もいます。外国人コミュニティに接する中で、ベトナム人を中心に、労働搾取に苦しむ実習生、留学生、難民、入管収容者に寄り添い、声を上げてきた山村淳平医師を講師に迎え、現代日本で起きている問題を学び、私達に何ができるのか共に考える機会にしたいと考えています。

◆開催団体:ノット・フォー・セール・ジャパン (NFSJ)

◆活動紹介:米国の非営利団体「Not For Sale」の日本支部として発足し、主に一般や学生向けに人身取引・現代奴隷制問題についての啓発活動(講演・イベント出展・資料作成・情報発信等)を行っている。その他「人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)」、「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」のコアメンバーとして、他団体と協力しながら政府、国際機関、消費者、企業等への働きかけも行っている。

◆SDGsへのコミット:目標1, 目標5, 目標8, 目標10, 目標12

【←前の講座】 【2月2日プログラム】 【次の講座→】