【22】女性へのDV(ドメスティックバイオレンス)は村で解決する

認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK


インド:母親と一緒に村の集会にやってきた子ども達

◆日時:2月2日(土)15:20~16:10

◆会場:4Fやまゆり

◆サマリー:私達TPAKの活動地インド北部の貧しい農村では、男子優遇、教育の断念、ダウリー(婚資金)、幼児婚、女児堕胎など様々な伝統的慣習が女性達を苦しめています。その中でも家族からのDVにより数多くの女性がトラウマを抱えています。このDV問題を改善するインドの事情に則した取り組み(JICA草の根事業)である「村の中で解決する仕組み作り」についてお話しします。村の女性の地位向上について一緒に考えてみませんか。

◆開催団体:認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK

◆活動紹介:私たちTPAKはタイとミャンマーの少数民族の子ども達が一人でも多く教育を受けられるよう子ども達への教育支援とインド貧農村の女性たちの地位向上のための自立支援を1993年より行っています。アジアの人々から「共に支え合う思いやりの心」を学び、私たち自身が本当の豊かさを取り戻せるよう相互に地球市民社会の実現を目指しています。

◆SDGsへのコミット:目標2, 目標3, 目標4, 目標5, 目標6

【←前の講座】 【2月2日プログラム】 【次の講座→】