【17】超高性能冷凍機「凍眠」の挑戦!~ベトナムフルーツの旬を閉じ込める!~

JICA横浜×㈱テクニカン(Technican Co.,Ltd.)

◆日時:2月2日(土)14:10~15:00

◆会場:4Fやまゆり

◆サマリー:「解凍しても、生鮮食品と見分けが付かない」。冷凍の常識を覆す奇跡のような冷凍機をご存知ですか?㈱テクニカンの「凍眠」がそれです。しかも冷凍速度は普通の空冷式の約8倍の上、解凍・保存に特別な装置は必要ありません。まさに“冷凍機を超えた冷凍機”なのです。
横浜市都筑区にある同社は、JICA「中小企業海外展開支援事業」を活用し、「液冷式の急速冷凍装置による農産物の高付加価値化と食品産業育成に関する案件化調査」をベトナムで行いました。現在は調査結果をもとに、ベトナムのフルーツや農水産物を通年販売するべく、ベトナムの食品加工会社を対象として「凍眠」輸出に取り組んでいます。
セミナーでは同社でベトナムの調査を進めていた担当者が実際に「凍眠」を使って、食感や味を保存できる「美味しさ」の秘密、そして今後のビジネス展開について、お話いたします。

当日は「凍眠」を会場に持ち込みます。実際にご覧いただき、「凍眠」を使って冷凍させた食材をご試食してみてください。

◆開催団体:JICA横浜×㈱テクニカン(Technican Co.,Ltd.)

◆SDGsへのコミット:【←前の講座】 【2月2日プログラム】 【次の講座→】