【49】SVパラグアイ・ブラジル渡航帰国報告会

特定非営利活動法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

パラグアイ渡航

◆日時:2月4日(日)18:30~19:20

◆会場:4F やまゆり

◆サマリー:国際協力を学んでいる横浜国立大学の学生が、南米パラグアイへ、一ヶ月間フィールドワークとして渡航しました。現地の子どもたちや働く女性たち、お世話になったコーディネーターの方々と過ごし、多くのことを学びました。教育、スラムの貧困、伝統工芸品、様々な問題を目の当たりにし、小学校での授業実践や、現地NPOと協力でのスラムの生活向上計画、収入の少ない伝統工芸品の作り手さんへの聞き取り調査等、悩みながら自分たちに何が出来るかを考えました。
涙あり、笑いあり、ハプニングありの渡航の報告会を行います。

◆開催団体:特定非営利活動法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

◆活動地域:パラグアイ共和国

◆活動紹介:(特活)ミタイ基金学生部では、普段の活動として、パラグアイの伝統工芸品ニャンドゥティを現地で買い付け、日本で展示・販売しています。ニャンドゥティの作り手さんの買い手となることが支援になり、またパラグアイの文化を日本で紹介することを目的としています。年に一度のパラグアイ・ブラジル渡航は、国際協力を学び、現場を見た上で自分たちに何が出来るかを考える実践の場です。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:答えは現場にあり。

◆皆さまへのメッセージ:世界に一つだけのSV渡航です。ぜひ見に来てください。

◆SDGsへのコミット:目標1,3,4,17

【←前の講座】 【2月4日プログラム】