【47】アフリカの今~1年後のTICADに向けて~

市民ネットワーク for TICAD

2017年8月TICAD閣僚級会合にて

2017年8月TICAD閣僚級会合にて

◆日時:2月4日(日)17:30~19:20

◆会場:4F かもめ

◆サマリー:2019年、横浜では日本とアフリカ諸国の政府代表がアフリカの開発について話し合うアフリカ開発会議(TICADVII)が開かれます。この会議を前に、アフリカの人びとの多様な文化や世界観の一端をご紹介します。第1部「カラハリ砂漠の子育てに学ぶ」の講演に津田塾大学准教授で人類学・アフリカ研究専門の丸山淳子さん、第2部「オズワルドの世界~Everything becomes a music~」のワークショップ講師にコートジボワール出身のパーカショニスト、オズワルド・コアメさんをお迎えします。

◆開催団体: 市民ネットワーク for TICAD

◆活動地域:アフリカ

◆活動紹介:TICAD(アフリカ開発会議)が真にアフリカの市民に役立つものとなることをめざし、アフリカ市民社会の組織「アフリカ市民協議会(Civic Commission of Africa)とのパートナーシップのもと、TICADに向けた政策提言や、アフリカに関わる多様なアクターの参加を促進するためのネットワーク活動、アフリカの文化や現状を知ってもらうイベントの開催、啓発活動などを行っています。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ: TICADが真にアフリカの市民に役にたつものとなるために

◆皆さまへのメッセージ:メディアにのらないアフリカの話をご一緒に

◆SDGsへのコミット:目標1,10,16,17

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】