【46】緑区で国際フォーラムをやる理由(わけ)は・・・過去と現在と未来

共生のまちづくりネットワークよこはま

私たちの活動・多文化防災

◆日時:2月4日(日)16:20~17:10

◆会場:4F やまゆり

◆サマリー: 2003年「外国人を取り巻く環境と地域との連携」を青葉区と港南区地域で調査し、さらに2005年には緑区でも調査をしました。当時より10年以上が経過した今、横浜市での外国人居住分布や就労状況、国籍構成、社会形態など大きな変化が見られます。中でもこれまではあまり外国人を見かけなかった緑区に今急激に外国人が増え始めています。今、何が起き始めているのか?対策はどのように進めて行けばよいのか?現状と課題をみなさんに提示します。

◆開催団体:共生のまちづくりネットワークよこはま

◆活動地域:主に横浜市

◆活動紹介:横浜市には現在9万人を超える様々な背景と文化・習慣を持つ人たちが住み、この多様性が「国際 性豊かな」都市を形づくっています。その一方で地域住人としての外国人のニーズも多様化し、解決すべき課題も多いことが現実です。この課題を解決するために、NPO・行政・学校・企業等が連携するまち」「外国人も地域の担い手となるまち」を目指して、誰もが住みやすい「共生のまち」を目標として活動しています。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:誰もが安心して暮らせる共生のまちづくり

◆皆さまへのメッセージ:意見交換の場「よこはま国際フォーラム」

◆SDGsへのコミット:目標11

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】