【41】「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けたユニセフの活動

神奈川県ユニセフ協会

よこはま国際フェスタ2017の様子

◆日時:2月4日(日)15:20~17:10

◆会場:4F かもめ

◆サマリー:世界の子どもたちの問題について関心を持っていただくためのきっかけ作りの場として、世界の子どもたちの現状と、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成のためにユニセフが世界の190の国と地域で行っている活動について話します。
講師:UNICEF(国連児童基金)東京事務所
コミュ:ニケーション担当官 佐々木 佑(ささき・ゆう)

◆開催団体:神奈川県ユニセフ協会

◆活動地域:190の国と地域

◆活動紹介:世界中の子どもたちの命と健康を守るユニセフ(国際連合児童基金)の活動を支援する団体です。
世界のどこに生まれても、全ての子どもが持って生まれた可能性を十分に伸ばして成長できることを願い、ユニセフ国内委員会である公益財団法人日本ユニセフ協会の協定地域組織として、世界の190の国と地域で子どもたちの生存・発達・保護・参加のための広報、募金、学習支援などのユニセフ支援活動を、 神奈川県内において促進しています。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:「誰もが大切なひとり…」

◆皆さまへのメッセージ:理想の2030の為にできることを考えてみませんか?

◆SDGsへのコミット:目標1,2,3,4,5,6,8,10,12,16,17

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】