【31】小・中学生が考えた!カンボジアの学校と交流の先に見えたもの

Asante!

ワークショップの様子(JICA横浜)

◆日時:2月4日(日)11:00~12:50

◆会場:4F やまゆり

◆サマリー:子どもたちが主役となって活動しているNGO、それが「Asante!」。今年度はカンボジア国での出来事、学校などとの交流を通して相互理解を深めてまいりました。日本から見たカンボジア、カンボジアから見た日本。それぞれの見方が食い違う中で、小・中学生が見出した結論とは?会場のみなさんもぜひ一緒に考えてみましょう。

◆開催団体:Asante!

◆活動地域:カンボジア

◆活動紹介:Asante!は、JICA横浜のプログラムである教師海外研修の参加者が中心となって立ち上げた団体です。小学生、中学生を対象に国際理解研修・開発教育についてのワークショップをJICA横浜で行っています。それぞれ異なる学校、年齢の子どもたちが集まり、開発途上国との対等なつながりについて学んでいます。「子どもたちが主役」という新たなNGOのあり方をご提案していきます。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:

◆皆さまへのメッセージ:子どもが主役のNGO

◆SDGsへのコミット:目標1,2,3,4,5,6,8,10,12,13,16,17

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】