【18】シリアとパレスチナ、現状と私たちの支援

特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン

越冬支援

◆日時:2月3日(土)15:20~17:10

◆会場:1F第1会議室

◆サマリー:世界中で約6500万人が難民・国内避難民になっているといわれます。その中でも特に深刻なのがシリア難民(500万人)とパレスチナ難民(500万人)です。2014年の統計でも、世界の紛争の20%がアラブ地域で起こり、戦闘関連死者の70%にのぼります。また、世界中の国内避難民の約半分、国外に逃れた難民の6割がアラブ地域の人々です。こうした状況がなぜ起こり、その現状がどうなっているのかを知るとともに、難民となった人々の状況とその支援を考えます。

◆開催団体:特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン

◆活動地域:パレスチナ、レバノン

◆活動紹介:中東・アラブ地域では、戦争や占領などの危機によって、多くの人々が長期的な人道上の食や燃料、水や電気などのインフラ、医療や教育へのアクセスから取り残されています。こうした人々に食糧や燃料、生活用品の配布、補習クラスや幼稚園への受入、障がい者のリハビリ、児童精神科、児童歯科、乳がんの早期発見と啓発などを行っています。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:子どもたちに平和と未来を

◆皆さまへのメッセージ:子どもたちは生まれる場所を選べません

◆SDGsへのコミット:目標2,3,4,10,16

【←前の講座】 【2月3日プログラム】 【次の講座→】