【8】世界の食料・農業事情とFAOの活動

国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所

簡易テントの宿泊所を目指す難民(ギリシャ北部・イドメニ)

◆日時:2月3日(土)11:00~12:50

◆会場:4Fセミナールーム6

◆サマリー:世界の人口を養うに充分な食料生産がなされているにもかかわらず、現在、約8億人強の人々が栄養不足に苦しんでいる。 そのような世界の食料・農業の現状、そしてそのように飢えで苦しむ人々を根絶することを目的としているFAOの活動について紹介する。

◆開催団体:国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所

◆活動紹介:世界の農林水産業の発展と農村開発に取組む国連の専門機関である。 開発途上国を中心に、飢餓と貧困に苦しむ人々の食料増産と栄養向上を支援し、栄養状態と生活水準を改善することにより、世界の全ての人が健康な生活を送ることを目指す。

◆SDGsへのコミット:目標1,2,12,13,14,15,17

【←前の講座】 【2月3日プログラム】 【次の講座→】