【2】外国人住民の妊娠から子育てを地域でどう支えるか

(公財)かながわ国際交流財団(KIF)×(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)

◆日時:2月3日(土)11:00~12:50

◆会場:4Fかもめ

◆サマリー:妊娠から子育てまでの支援を行う「子育て世代包括支援センター」の設置が各地に進むなか、このような切れ目のない支援は、公的サービスにつながりにくい外国人住民にも大事な視点です。
セミナーでは行政の動きのほか、多言語ツールや子育て支援の場での日本語教室など私たちの取組も紹介し、地域で外国人住民の子育てをどう支えていくことができるか、参加者の皆さんと話し合います。外国人の方の子育て体験も紹介します。

◆開催団体:(公財)かながわ国際交流財団(KIF)×(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)

◆活動紹介:
(公財)かながわ国際交流財団
地球のすべての人が、国境や人種、文化の違いをこえて、いきいきと心豊かに暮らせる社会の実現のため、「多文化共生の地域づくり」「県民・NGO等による国際活動の促進」「国際性豊かな人材の育成」「学術・文化交流の促進」を柱として、県内各地で様々な事業を展開しています。

(公財)横浜市国際交流協会
外国人が暮らしやすく社会参画しやすいまちづくりに向け、「多文化共生のまちづくりを支援する事業」「グローバル人材の育成を支援する事業」「国際協力・国際交流に関する施設を管理運営する事業」を市民とともに進めている、横浜市の外郭団体です。

◆ SDGsへのコミット:目標 3,4,11,17

【←前の講座】 【2月3日プログラム】 【次の講座→】