【35】カンボジアのとある村から見える世界

★この講座は、開催団体都合により中止となりました。お詫び申し上げます。

NPO法人 カンボジアの教育を支える会

◆日時:2月5日(日)13:10~14:00

◆会場:4F セミナールーム4

◆サマリー:
私達が活動させていただいているカンボジアのピス村というところでは、その村を牛耳る製糖企業の社長がカンボジアの政治家でもあり、企業と政治が癒着していたり、別の国とつながっていたりします。またオフの日に観光をした際に訪れた、ダイヤモンドアイランドと呼ばれるリゾート開発地域では、中国資本の参入がありそれによる弊害も見られました。 これまで活動してきた中で見えた現場での生の、それも実は自分たち日本人にとっても身近な国際関係をみなさまにお話できたらと思います。

◆開催団体:
NPO法人 カンボジアの教育を支える会
People for the Advancement of Cambodian Education
URL http://face2pace.org/

 

「 教育事業で、図書を寄贈したときの様子 /  We brought books to the Cambodian children  」

 

◆活動紹介:
私達カンボジアの教育を支える会(PACE)は、カンボジアの子どもたちが自らの可能性を拡げ、未来を築いていくためのサポートとして、初等教育への支援を現地に年2回渡航して行っております。1~6年生までの全ての児童が持続的に小学校に通うことができる状況を目標に据えて活動しており、現在は教育・井戸衛生・普及啓発・ファンドレイジングの4つの事業を展開しています。 学生という身分ではありますが、学生だからこそできること、現地・現場第一を大切に取り組んでいます。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
本気で真剣に国際協力を語り合える場

◆皆さんへのメッセージ:
少しでも多くの方のご参加お待ちしてます!

◆SDGsへのコミット:
目標4 質の高い教育をみんなに
目標5 ジェンダー平等を実現しよう
目標6 多くの人に持続可能な水の使用と衛生設備を保証する
目標12 つくる責任 使う責任

 

【←前の講座】 【2月5日プログラム】 【次の講座→】