【34】ハイチの学校支援、今後の課題~

特定非営利活動法人 ハイチの会セスラ

◆日時:2月5日(日)13:10~14:00

◆会場:4F やまゆり

◆サマリー:
ハイチの学校は日本と比べて足りないものだらけなので、いつも課題が山積しています。特に昨年局地的な強風のために、仮設の教室が倒壊したので、ハリケーンにも地震にも倒れない学校建設は大きな課題です。また、慢性的に空腹で栄養不足の子どもたちに給食を与えたい、教科書を買えない子どもたちに教科書を与えたい等々。
今年は現地NGOのリーダー、ニクソンのアジア学院への留学を支援します。途上国の農村指導者を養成するユニークな研修施設で学んだニクソンが、現地に帰って学校農園を作り、給食の食材を収穫する日を夢見て。

34_%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%81%e3%81%ae%e4%bc%9a%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%a9_640「 セスラ校の新入生 2016 9月  /  Cesla’s New Students in Sep. 2016  」

◆開催団体:
特定非営利活動法人ハイチの会セスラ
NPO.Haiti-no-kai Cesla
URL   http://www.haitinokai-cesla.com

◆活動紹介:
2003年設立以来、ハイチの貧しい子どもたちをも受け入れる学校を支援しています。
2010年のハイチ地震のあと、農村地区に学校を作って、学校用地を取得。以来、井戸掘り、スクールオフィスの建設、仮設教室の移転、増設、トイレの設置など学校建設に取り組み、合わせて教育環境の改善を促しています。
国内では、ハイチを紹介する写真展、絵画展などを開催、またさまざまな国際交流イベントなどで、ハイチコーヒーやハイチグッズの販売などを行っています。また、小・中学校でも、ハイチに関する出前授業を行っています。

◆活動対象国・地域:
ハイチ

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
子どもたちこそハイチの希望、教育こそハイチの未来を照らす光

◆皆さんへのメッセージ:
ハイチの学校支援を、ご一緒にどうぞ!

◆SDGsへのコミット:
目標1 貧困をなくそう
目標2 飢餓をゼロに
目標4 質の高い教育をみんなに

 

【←前の講座】 【2月5日プログラム】 【次の講座→】