【29】ワークショップ「栄養から考える飢餓」

国連WFP

◆日時:2月5日(日)11:00~12:50

◆会場:4F セミナールーム6

◆サマリー:
世界の食文化に触れながら、カロリーや栄養を切り口に飢餓問題について考えるワークショップです。後半は国連WFPの食糧支援活動についても説明いたします。「食」という私たちの人生とは切っても切れない身近な題材から、世界へと目を向け、食文化や食料問題、そして食料支援についてみんなで考えてみませんか?

29_wfp
「 世界の飢餓状況を国ごとに色分けした地図。 」

◆開催団体:
国連WFP
World Food Programme

URL  http://ja.wfp.org/

◆活動紹介:
国連WFPは飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関です。自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養失調の子どもなど、最も貧しい暮らしを余儀なくされている人びとを対象に、毎年平均75カ国以上でおよそ1億人に食糧支援を行っています。国連WFP協会は、日本における民間協力の支援窓口です。募金活動、企業・団体との協力関係の推進および広報活動を行い、国連WFP支援の輪を広げいます。

◆活動対象国・地域:
アフリカ、アジア、中東、中南米、世界でおよそ80か国

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
飢餓のない世界を目指して

◆皆さんへのメッセージ:
飢餓について一緒に考えましょう!

◆SDGsへのコミットメント:
目標2 飢餓をゼロに

 

【←前の講座】 【2月5日プログラム】 【次の講座→】