【20】ワークショップ「24人にインタビュー」(援助について考える)

(特活)草の根援助運動

◆日時:2月4日(土)15:20~17:10

◆会場:4F やまゆり

◆サマリー:
もしあなたが途上国援助をするなら…。ワークショップで途上国援助を体験しませんか?
草の根援助運動のオリジナル開発ワークショップ「24人にインタビュー」では、さまざまな課題を抱えるフィリピンの漁村の開発をグループごとにロールプレー形式で検討していきます。道路?教育?医療?生計?限りある資金で何から始めたらいいでしょうか。正解はありません。実際の援助のむずかしさを体験してください。草の根援助運動の25年間の援助実践から、持続可能な開発目標SDGsについても学んでいただきます。

20_%e5%86%8d%ef%bc%89%e8%8d%89%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%8f%b4%e5%8a%a9%e9%81%8b%e5%8b%95
「みんな笑顔で!!」

◆開催団体:
(特活)草の根援助運動
Peoole to People Aid
URL  http://p2aid.com

◆活動紹介:
途上国と先進国の不平等な関係や途上国の貧困問題など、「南北問題」の解決をめざすとともに、すべての人が「共生できる世界」の実現を目指しさまざまな活動を行っている。具体的には、途上国のひとびとの自立に向けたプロジェクトを支援する開発援助やフェアトレードを行い、国内では、高校等での出前事業などの開発教育や政策提言などの活動を行っています。

◆活動対象国・地域:
フィリピン、インド、インドネシア

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
世界を変える。自分が変わる。

◆皆さまへのメッセージ:
あるべき援助について、一緒に考えましょう

◆SDGsへのコミット:
目標1 貧困をなくそう
目標3 すべての人に健康と福祉を
目標4 質の高い教育をみんなに
目標5 ジェンダー平等を実現しよう
目標6 多くの人に持続可能な水の使用と衛生設備を保証する

 

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】