【19】NPOと地元企業の協働 ~日本初!「多言語版おくすり手帳」~

共生のまちづくりネットワークよこはま

◆日時:2月4日(土)15:20~16:10

◆会場:4F いちょう

◆サマリー: 地域に住む外国人は、文化や言葉の壁から病院や薬局等で自分の症状を伝えることが難しく、緊急災害時に救護する側へ自分の常備薬やアレルギー、緊急連絡先等を伝えることも困難です。このような課題を解決するため、大川印刷とプロジェクトを立ち上げ、やさしい日本語・英語・中国語・韓国/朝鮮語の4カ国語を使った多言語版おくすり手帳を作成しました。現在、手帳を外国人に届けることができるよう、その普及活動を進めています。
また、国際交流ラウンジやNPO等多文化共生の団体や組織にも協力を得ることもできました。

19_%e5%86%8d%e9%80%81%e4%bb%98%ef%bc%89%e5%85%b1%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%88%e3%81%93%e3%81%af

「多言語版「私のおくすり手帳」  / My Medication Record Book 」

◆開催団体:
共生のまちづくりネットワークよこはま
URL  http://kyomachi-y.sakura.ne.jp/wp

◆活動対象国・地域:
主に横浜市内

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
誰もが安心して暮らせる共生のまちづくり

◆皆さまへのメッセージ:
意見交換の場「よこはま国際フォーラム」

◆SDGsへのコミット:
目標11住み続けられるまちづくりを

 

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】