【3】愛するとき、民族差別のない平和が作られる

外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会(略称:外キ連)

◆日時:2月4日(土)11:00~12:50

◆会場:4F いちょう

◆サマリー:
講師の宋富子さんは在日二世として奈良県明日香地方で生まれ、20歳までそこで暮らした。小学校に入学すると「チョーセンジン」といじめられ苦しんだ。転機は31歳の時、ある人との出会いで初めて日本と韓国・朝鮮の二千年の歴史を知って自己を回復して民族名で生きるようになった。体験を通して歴史を正しく学ぶことが大切と考え、日本で市民と在日で創られた「高麗博物館を作る会」に尽力し、初代館長に就任した。八年前から東京新大久保にある「文化センター・アリラン」の副理事長としてその移設と充実を目指して活動している。

03_%e5%86%8d%e9%80%81%ef%bc%89%e5%a4%96%e3%82%ad%e9%80%a3

「日本・韓国・中国、3か国語の碑文がある」

◆開催団体:
外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会(略称:神奈川外キ連)
URL  http://blog.livedoor.jp/kanagawagaikiren/

◆活動紹介:
在日外国人が日本人と同様な権利を得られる「外国人住民基本法」の制定を求める活動を県内キリスト者や全国組織「外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト教連絡協議会」と協働して行う。同時に外国人の権利が侵害されるケースについては、他の団体と協力して解決を目指す。そのために県内の信愛塾、カラカサン、カラバオの会などと協働する。またよこはま国際フェスタやフォーラムに積極的に参加したり、学習活動を通じて市民の理解を得る努力をしたい。

◆活動地域:
日本国内

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:
外国人がくらしやすい社会は、日本人も住みやすい

◆皆さんへのメッセージ:
日本と韓国・朝鮮のの歴史を正しく学ぼう

◆SDGsへのコミット:
目標1 貧困をなくそう
目標3 すべての人に健康と福祉を,
目標10 人や国の不平等をなくそう,
目標16 平和と公正をすべての人に

 

【←前の講座】 【2月4日プログラム】 【次の講座→】