【48】パレスチナとシリア、現状と私たちの支援

認定NPO法人 パレスチナ子どものキャンペーン


越冬支援

◆日時:2月3日(日)15:20~17:10

◆会場:4Fセミナールーム6

◆サマリー:パレスチナの人々が難民となって70年が経ちました。帰還は叶わないばかりか、避難先の内戦、難民キャンプや滞在先での劣悪な生活と差別、軍事占領、封鎖、国際的な支援の削減など、状況は厳しくなる一方です。心や体に傷を抱え、故郷を離れ家族と別れ、苦境の中でも人々は今を生き、子どもたちは成長しています。映像を交えながら、現地の様子と支援活動を報告します。聴覚障がい者や難民女性が制作した手工芸の販売も行います。

◆開催団体:認定NPO法人 パレスチナ子どものキャンペーン

◆活動地域:パレスチナ、レバノン

◆活動紹介:中東・アラブ地域では、戦争や占領などの危機によって、多くの人々が長期的な人道上の食や燃料、水や電気などのインフラ、医療や教育へのアクセスから取り残されています。こうした人々に食糧や燃料、生活用品の配布、補習クラスや幼稚園への受入、障がい者のリハビリ、児童精神科、児童歯科、乳がんの早期発見と啓発などを行っています。

◆団体のビジョンやキャッチフレーズ:子どもたちに平和と未来を

◆皆さまへのメッセージ:子どもたちは生まれる場所を選べません

◆SDGsへのコミット:目標1, 目標2, 目標3, 目標4, 目標9, 目標17

【←前の講座】 【2月3日プログラム】