【28】「自分たちに何ができるか」~行動する子どもたちの姿~

(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)


国際機関を訪れ、地球規模の課題を学ぶ小学生

◆日時:2月3日(日)11:00~12:50

◆会場:4Fかもめ

◆サマリー:誰もが安心して豊かに生活する世界を見据えて「自分たちに何ができる か」―小学生が横浜みなとみらい地区のパシフィコ横浜「横浜国際協力 センター」を訪問し、地球規模の課題に対する国際機関の取組を学び、 学校での学習に生かしています。 センターでの学びを一つのきっかけとして生き生きと活動する子どもの 姿を紹介し、学校や地域で学び行動する子どもたちをどのように支援す るか? 会場のみなさんと一緒に考えます。

〈発表予定の学校〉  横浜市立 鉄小学校、小机小学校、緑園東小学校(予定/50音順)

◆開催団体:(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)

◆活動紹介:公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)は、外国人が暮らしやすく社会参加しやすいまちづくりに向け「多文化共生のまちづくり」、「グローバル人材育成の支援」の2つの柱を、市民とともに進めている横浜市の外郭団体です。国際機関と連携したグローバルに行動できる青少年の人材育成、外国につながる子ども・若者支援事業、多言語情報発信事業、多言語サポーター派遣事業、国際交流ラウンジ運営・連携支援事業、国際協力・交流プラットフォーム事業、横浜国際協力センター運営、横浜市国際学生会館の運営等を実施しています。

◆SDGsへのコミット:目標3, 目標4, 目標11, 目標17

【←前の講座】 【2月3日プログラム】 【次の講座→】